ここからが面白くなり始めます。本当に、本当に興味深いです。ここカリフォルニア州ランチョ・クカモンガにあるクラッチ・コーヒーのラボ兼焙煎所での熱狂的な初日の後、私たちの注目は二日目の準決勝ラウンドに移ります。第 12 ラウンドでは 6 名の選手が再び全力を尽くして戦い抜きましたが、今回は今年初めにヒューストンで行われた予選イベントでトップ XNUMX フィニッシュで不戦勝で勝ち取った XNUMX 名が加わります。ただでさえ誤差の余地が薄い部分を、レーザーで接合しただけです。

そして切り傷は深まるばかりだ。今日のグループ 18 名のうち、明日の決勝に進出するのは XNUMX 名だけで、US バリスタ チャンピオンのタイトルを目指して最善を尽くします。緊張、緊張、震えを感じることができます。しかし、それはコーヒーだけかもしれません。

ただし、確かにわかっていることが 2024 つあります。それは、今年の競争は非常に非常に高いということです。そして今日はそれをさらに一段階引き上げることになるでしょう。バックルを締めてください。私たちは XNUMX 年 US バリスタ チャンピオンシップの準決勝ラウンドのすべてのルーティンを記録するために一日中ここにいます。

Sprudge によるランチョ クカモンガでの 2024 年 US バリスタ チャンピオンシップの報道は、 サードウェーブウォーター

スプラッジ USBC 2 日目 1hcano 4

ヒューゴ・カノ (彼/彼) – Amberson Coffee – インディアナ州インディアナポリス

競技会で使用されるコーヒー
パナマ、ボルカンのフィンカ・デボラで生産者のジェイミソン・サベージが標高2,000mで栽培した嫌気性発酵のゲシャ種コーヒーで、アーキタイプ・コーヒーが焙煎したもの。

エスプレッソコース
冷やしたエスプレッソカップに20gを入れ、46gを26秒間抽出すると、エスプレッソにはクレメンタイン、ラズベリー、ジャスミンの香りがあり、75%ダークチョコレートの仕上がりで、後味にイチゴとライトブラウンシュガーが残ります。

ミルクコース
3:1 比率のミルク コースは、40 つのミルク ブレンドで構成されます。40% の全乳、20% の凍結蒸留乳糖フリー ミルク、XNUMX% のキャラメル化ココナッツ ミルクで、オレンジ クリームシクル、チョコレート モルト、アーモンド バターのフレーバーが得られます。 -重い重量。

シグネチャードリンク
冷やしたゲシャ エスプレッソに、浸漬したパイナップル ジュースとキャラメル化したココナッツ ミルクを加えてブレンドし、オレンジ ブロッサム ティーの香り豊かな霧で仕上げます。この特製ドリンクには、ストロベリーシャーベット、チョコレートムース、バタースコッチの香りが漂います。

出場1年目?
いいえ

スプラッジ USBC 2 日目 2gカウフマン 3

グレイ・カウフマン (彼ら/彼ら) – ワシントン州シアトル

競技会で使用されるコーヒー
コロンビアのカウカ地方にあるグランハ エル パライソ-1,900のウィルトン ベニテスによって標高92mで栽培された酵母接種、二重嫌気性発酵、サーマルショック処理されたカトゥーラを、ローストから20日間冷凍しました。

エスプレッソコース
21g を入れて 45g 出し、18 秒間、冷凍ステンレスボールの上で引っ張ります。フレッシュなアプリコット、缶詰のマンダリンオレンジ、タービナードシュガーの香りがあり、ライトからミディアムウェイトでダークチョコレートの余韻が長く続きます。

ミルクコース
凍結蒸留した脂肪分 2.5% のミルク、乳糖を含まないミルク、凍結蒸留したオーツミルクからなる 1 つのミルクを 3.5:XNUMX の比率でブレンドすると、バニラ ウエハース クッキーとフルーティーなダーク チョコレートのサーマル ショック カトゥーラ ノートが得られます。

シグネチャードリンク
冷たいエスプレッソ、発酵ブラッド オレンジ ジュース、野の花の蜂蜜とハイビスカス ティー シロップ、卵白を混ぜ合わせ、新鮮なラズベリー、ホワイト グレープ、ミルク チョコレートの香りを感じるジャスミン ティー スプリッツとともに脚付きグラスで提供されます。

出場1年目?
いいえ

Sprudge USBC Day2 3dgraff 3

ダコタ・グラフ (彼/彼) – Onyx Coffee Lab – アーカンソー州ロジャース

競技会で使用されるコーヒー
コロンビア、ポトシのグランハ・ラ・エスペランサで標高34mで栽培されたリゴベルト・エレーラが生産した嫌気性発酵天然加工SL1,800。コロンビアのバジェ・デル・カウカにあるカフェ・インマクラダで栽培された嫌気性の天然エウジェニオイデス。そしてエクアドルのハシエンダ・ルグラン産の嫌気性天然ロブスタ。

エスプレッソコース
15 秒で 45g 入って 22g 出て、冷やした球体で抽出された SL34 エスプレッソは、ルビーレッド グレープ フルーツ、カカオニブ、イチゴ、温かい蜂蜜の香りがあり、シルキーで丸い触感、中程度の重さ、長く複雑な、わずかに乾燥仕上げ。

ミルクコース
SL34 のピーベリー バージョンとユージェニオイデスを組み合わせた 3:1 乳飲料は、塩キャラメル、アーモンド ケーキ、ミルク チョコレート、ホワイト チョコレート仕上げのフレーバーのために凍結蒸留した乳糖を含まない牛乳を輸入しています。

シグネチャードリンク
SL34 ピーベリーとエクアドル産ロブスタをブレンドしたシグ ベブには、カスカラ、コーヒーフラワー コーディアル、アクア ソラ、乳酸発酵したラズベリーがリンゴに添えられ、ラズベリー、タルト アップル、オレンジ タフィーの香りが漂います。

出場1年目?
いいえ

Sprudge USBC Day2 4デリス

David Ellis (彼/彼) – Oh Oh Coffee – コロラド州オーロラ

競技会で使用されるコーヒー
コロンビア、ウィラ、パレスチナのフィンカ・ラ・パルマでルイス・エドガー・カマチョが標高1,700mで栽培した、嫌気発酵、ウォッシュ加工されたピンクバーボン品種のコーヒー。

エスプレッソコース
エスプレッソとしてのピンク バーボンは、19 g で 36 g 抽出され、ピンク レモネード、レッド チェリー、70% ダーク チョコレートの香りがあり、ミディアム ボディ、まろやかな質感、長く続くジューシーな口当たりが特徴です。

ミルクコース
無乳糖ミルク 60%、凍結蒸留全乳 30%、ココナッツ ミルク 10% のカスタム ブレンドが、コルタードとしてモルト チョコレート ミルクシェイクとチェリーのフレーバーを持つ、少し長めのエスプレッソ ショットと組み合わされています。

シグネチャードリンク
ピンク バーボン、カスカラ シンプル シロップ、ザクロ糖蜜リダクションをコーヒー フラワー ティー アイス キューブに注ぎ、プラム、バニラ、ジャスミンのシグベブ ノートを与えます。

出場1年目?
はい

スプラッジ USBC 2 日目 5n グッドウィン 4

ノエル・グッドウィン (彼女/彼女) – Hagen Coffee Roasters – ワシントン州ブラックダイヤモンド

競技会で使用されるコーヒー
フィンカ・モンテブランコのロドリゴ・サンチェスがコロンビアのウイラ地方の標高1,730mで栽培したイエロー・ブルボン品種で、完全に洗浄し、二度嫌気発酵させ、10日前にローストした。

エスプレッソコース
21 秒で 40g 入って 23g 出るエスプレッソには、スイカ、甘露、糖蜜の香りがあり、オレンジ色のフィニッシュ、ミディアムボディ、ジューシーな口当たりが特徴です。

ミルクコース
85%の全乳と15%のマカダミアナッツミルクのカスタムブレンドは凍結蒸留され均質化されており、エスプレッソと組み合わせるとホットココア、とろけるストロベリーアイスクリーム、ティラミス、バニラの香りが生まれ、クリーミーな口当たりとトーストしたピーカンのフィニッシュが特徴です。

シグネチャードリンク
空気を含ませたエスプレッソ、レーズンピューレ、パッションフルーツを注入した発酵蜂蜜、使用済みのコーヒーパックとオレンジジュースの混合物、マンゴーピューレを冷やし、超音波で均質化し、すべてコーヒーの花とスグリのゼリーの香りで仕上げました。この代表的な飲み物には、ラズベリー、赤ブドウ、桃の香りがあり、ダークチョコレートの仕上げがあり、濃厚なボディとビロードのような口当たりが特徴です。

出場1年目?
はい

sprudge usbc day2 6jpatel 5

ジェイミー・パテル (彼/彼) – Counter Culture Coffee – ノースカロライナ州ウェイク フォレスト

競技会で使用されるコーヒー
ホンジュラス、マルカラのフィンカ・エル・プエンテにあるメアリーザベル・カバレロ氏とモイセス・エレーラ氏によって標高1,600mの標高で栽培された、蜂蜜嫌気性洗浄加工済みのゲシャ品種。

エスプレッソコース
19 秒間で 44 グラムをインして 23 グラムアウトするフィンカ エル プエンテ ゲシャには、クランベリー、ピンク グレープ フルーツ、オレンジの花、ダーク チョコレートの香りがあり、紅茶のような余韻が長く続きます。

広告ですが初のコーヒークックブックが発売になりました

 

ミルクコース
凍結蒸留しキャラメル化した無乳糖ミルクは、ヨーグルトで覆われたレーズン、バニラ、ストロープワッフルの香りを持つ飲み物を作り出します。

シグネチャードリンク
極度に冷やした Gesha エスプレッソ、ブラックベリー シロップ、ラクト発酵キウイ ジュース、凍結蒸留してキャラメル化した乳糖不含ミルクをブレンドし、フレッシュ チェリー、トフィー、黄桃のミルクシェイクのフレーバーを作り出します。

出場1年目?
いいえ

スプラッジ USBC 2 日目 7rldiner 2

ラファエル・レヴィ・ダイナー(彼/彼) – Onyx Coffee Lab – アーカンソー州ロジャース

競技会で使用されるコーヒー
メキシコ、チアパス州フィンカ・サンタ・クルスの生産者ペペ・アルグエロが製造した赤蜂蜜加工のゲシャと、コロンビアのエル・プラセル・エステートのセバスチャン・ラミレスが製造した黒蜂蜜加工のウシュウシュ品種を5:3の比率でブレンドした。

エスプレッソコース
抽出率16%で40gから19.3gのエスプレッソコースでは、ラズベリー、熟したルビーレッドグレープフルーツ、オレンジの花、ダークココアの香りがあり、余韻が長く続きます。

ミルクコース
3:1 の比率の乳飲料には、ウェルテルス キャラメル、塩味トフィー、ミルク チョコレート、ブラウン バターのフレーバーのために凍結蒸留した乳糖を含まない全乳が組み込まれており、濃厚でバターのようなクリーミーな仕上がりになっています。

シグネチャードリンク
モグラをイメージしたこの特製ドリンクには、コーヒーの花の蜂蜜とカカオの溶液、アンチョチリを注入したアガベ シロップ、塩漬けホエー、エクストラ バージン オリーブ オイル、レッド コーン マサ、ライム ジュースが含まれており、すべて一緒に蒸してから桜の木で燻製しました。温かいホットアップルサイダー、スパイシーなチョコレート、火で焼いたマシュマロ、モールなどのフレーバーがあります。

出場1年目?
はい

スプラッジ USBC Day2 8jyeo 2

ジェイソン・ヨー (彼/彼) – セント・フランク・コーヒー – カリフォルニア州サンフランシスコ

競技会で使用されるコーヒー
ホンジュラス、サンタバーバラのエル・ブルホにある生産者ベンジャミン・パスによって標高1,700mで栽培された乳酸発酵、ウォッシュ加工されたゲシャ品種。

エスプレッソコース
20g を入れて 43g を出し、冷凍球体の上で 25 秒間引っ張ると、洗浄された Gesha はチェリー、みかん、ダークチョコレートの香りがあり、紅茶のような仕上がりになっています。

ミルクコース
コルタードサイズの飲料に入ったA2ミルクで戻した凍結乾燥乳糖不含ミルクは、ホワイトチョコレート、キャラメル、チョコレートミルクシェイクの風味を与えます。

シグネチャードリンク
極度に冷やしたエスプレッソ、レモンオレオサッカラム、牛乳で洗浄したコールドプレスオレンジジュース、清澄オルジェートにニトロチャージが加えられ、オレンジブロッサム、レモンキャンディー、ブラッドオレンジ、グレープキャンディー、チェリーのフレーバーが現れます。

出場1年目?
いいえ

Sprudge USBC day2 9sselvanow 5

Seidy Selvanow (彼女/彼女) – Kafeix Roasters – ワシントン州バンクーバー

競技会で使用されるコーヒー
サミュエルとグロリア・ロンゾンがメキシコ、ベラクルス州ラホヤの標高1,700で生産した天然加工の炭酸浸軟マラカトゥーラ品種と、コロンビアの標高1,700で栽培された嫌気発酵ゲシャ。

エスプレッソコース
注入量 18g、排出量 42g で抽出された嫌気性の Gesha を使用したエスプレッソには、リンゴ、レーニアチェリー、ジャスミン、ウーロンピーチティーの香りがあり、中程度の重量でジューシーなテクスチャーとマンダリンオレンジの仕上がりが特徴です。

ミルクコース
マラカトゥーラ メキシコ コーヒーは、乳糖を含まないミルクと組み合わせて、イエロー ケーキの生地、溶けたラズベリー アイスクリーム、甘いバニラの風味とココアの仕上げを備えたラズベリー ミルクシェイクのような飲み物を作ります。

シグネチャードリンク
急速に冷やしたゲシャ エスプレッソ、インスタント マラカトゥラ コーヒー、パイナップルオレオサッカラム、ラズベリーコンポートを組み合わせて窒素添加し、ストロベリーキャンディー、グアバ、ザクロのフレーバーを加え、甘いトロピカルな仕上がりにしています。

出場1年目?
いいえ

スプラッジ USBC Day2 10Rベセット

リーフ・ベセット (彼/彼) – コーヒー運動 – カリフォルニア州サンフランシスコ

競技会で使用されるコーヒー
コロンビア、カウカのエル・パライソの生産者ディエゴ・ベルムデスによって標高1,960mで栽培された、二重発酵サーマルショック処理されたゲシャ品種。

エスプレッソコース
凍った球体の上で抽出されたゲシャ エスプレッソは、熟した黄桃、新鮮なピンクのグアバ、ウーロン茶の香りがあり、中程度の重さでシルキーなテクスチャーです。

ミルクコース
オクラホマ州レキシントンの乳製品からの凍結乾燥された生の A2 牛乳粉末と凍結蒸留オーツミルクを組み合わせたミルクコースには、ホワイトチョコレート、バニラウエハース、バターショートブレッドの香りがあります。

シグネチャードリンク

ゲシャ ポアオーバーとエスプレッソを急速に冷やし、白グレープ シロップと亜窒素を加えてフローラル ジャスミン、フレッシュ パイナップル、ライム シャーベット、ストロベリー キャンディのフレーバーを加えます。

出場1年目?
いいえ

スプラッジ USBC 2 日目 11 ゴエスマント 4

ゲイビー・オエスマント (彼/彼) – アイズ ピールド コーヒー – カリフォルニア州ロサンゼルス

競技会で使用されるコーヒー
インドネシアの西ジャワ州にあるWildan Mustofaによって生産され、標高1,500mで栽培され、収穫後にラクト発酵させ、Dune Coffeeによって焙煎されたXNUMXつの異なるコーヒー品種で構成されています。

エスプレッソコース
20gを入れて40gを30秒間抽出したエスプレッソは、チェリー、ダークラム、ダークチョコレートの香りを伴う複雑なフルーツの甘さを持ち、中程度の重さでクリーミーなテクスチャーと長い余韻を持ちます。

ミルクコース
コルタードサイズのミルクコースには、凍結蒸留した全乳90%とココナッツミルク10%をブレンドしたミルクが含まれており、キャラメル、ココナッツフレーク、ヘーゼルナッツの風味が楽しめます。

シグネチャードリンク
柑橘類の皮オレオサッカルム、乳酸発酵乳、オルジェートシロップ、水出し紅茶、インドネシア式エスプレッソをブレンドし、みかん、リンゴジュース、カルダモンの風味を加えました。

出場1年目?
はい

スプラッジ USBC 2 日目 12 アラグラー 4

アンソニー・ラグラー (彼/彼) – ブラック&ホワイト コーヒー – ノースカロライナ州ウェイク フォレスト

競技会で使用されるコーヒー
パナマ、ボケテのカーニャス・ベルデス地域にあるアブ・コーヒーのホセ・ギレルモ氏が栽培した、二重嫌気性発酵させた天然加工のゲシャ。

エスプレッソコース
冷凍球体上で 19 秒間で 42g が入って 25g 出される天然ゲシャは、レッドチェリー、スイートレモン、ピーチの香りがあり、ミディアムボディ、シルキーな口当たり、そして紅茶のような後味を持っています。

ミルクコース
凍結乾燥した牛乳は、全乳で 1:8 の比率で戻され、ミルク ホイップ クリーム、ミルク チョコレート、キャラメルの風味が得られます。

シグネチャードリンク
極度に冷やしたエスプレッソ、スモークバーボンオレオ、発酵青ブドウジュース、炭酸水、そしてセージエッセンスをひと振りすると、ライム、ほのかなオーク、モヒート、ジンジャー、ミントの香りが漂います。

スプラッジ USBC Day2 13meckroth 3

モーガン・エクロス (彼ら/彼女) – Onyx Coffee Lab – オレゴン州ポートランド

競技会で使用されるコーヒー
パナマのボルカンにあるジャンソン家の農場で、カイ・ジャンソンによって海抜1,800mの標高で栽培された嫌気性発酵の天然加工ゲシャ。

エスプレッソコース
ストロベリー、ダークチョコレート、グレープフルーツ、ライム、そして花と植物のオレンジの花。

ミルクコース
75% の凍結蒸留全乳と 25% のココナッツミルクを組み合わせたパナマ ゲシャ カプチーノには、溶けたダークチョコレート アイスクリーム、アーモンド、生のホイップ クリーム、ココナッツ ホワイト ケーキの香りがあります。

シグネチャードリンク
冷たいエスプレッソ、大豆レシチンパウダー、オレンジとマンゴーのジュース、ライムジュース、そしてピーチ、ベルガモット、ジャスミンを注入したメープルシロップが亜硝酸乳化され、クリームソーダ、ピンクのスターバースト、オレンジシャーベット、ミルクチョコレートの香りが生まれます。

出場1年目?
いいえ

スプラッジ USBC 2 日目 14r カジェホ 2

レイナ・カジェホ (彼女/彼女) – オリンピア コーヒー – ワシントン州シアトル

競技会で使用されるコーヒー
エチオピアのシダマにあるデイ・ベンサ産の複数の在来種コーヒー。標高 2,200 メートルで栽培され、嫌気発酵させられています。

エスプレッソコース
冷凍カップに注がれたエチオピアのエスプレッソには、調理したブラックベリー、フローラルライムの皮、55% ミルクチョコレートの香りがあり、軽量でシルキーな口当たり、長くややドライな余韻が特徴です。

ミルクコース
凍結蒸留した全乳、凍結乾燥乳、無脂肪乳をブレンドし、エスプレッソと組み合わせて、イチゴミルク、バタースコッチ、砂糖漬けのナッツの風味を出します。

シグネチャードリンク
清澄なイチゴジュース、クエン酸、ラクト発酵ブルーベリーシロップ、白桃茶、エスプレッソのフロートを氷の上に注ぎ、リンゴジュース、グアバジュース、ピーチグミリングの香りを出します。

出場1年目?
いいえ

スプラッジ USBC 2 日目 15FL 5

Frank La (彼/彼) – Be Bright Coffee – カリフォルニア州ログエンジェルス

競技会で使用されるコーヒー
オムブリゴンとして知られるエチオピア在来品種の嫌気発酵コーヒー。コロンビア、ウィラのフィンカ・エル・ディビソで生産者のネストル・ラッソが標高1,900mで栽培。

エスプレッソコース
タルトチェリージュース、スイカキャンディ、ラズベリー、ダークチョコレートの香りがあり、ミディアムウェイト、シルキーな口当たり、余韻が長く続きます。

ミルクコース
乳糖を含まない凍結​​蒸留蒸発ミルクを使用したオンブリゴンベースのミルクコースには、チョコレートで覆われたレーズン、チーズケーキ、バニラモルトの香りがあります。

シグネチャードリンク
冷たいエスプレッソ、ウーロン茶とはちみつですっきりさせたコーヒーミルクパンチ、種なし赤グレープシロップ、コーヒーサッカラムをブレンドし、レモンヨーグルト、ホワイトグレープフルーツ、ジンジャーエールの新しいフレーバーをブレンドしました。

出場1年目?
いいえ

スプラッジ USBC 2 日目 16jmacfarland 3

ジェイク・マクファーランド (彼/彼) – Black & White Coffee – ノースカロライナ州ローリー

競技会で使用されるコーヒー
コロンビアのウイラ地方産の、酵母を接種し、嫌気性発酵させ、熱衝撃を加えたパカマラ品種のコーヒーで、ウォッシュドコーヒーとナチュラルコーヒーの両方があります。

エスプレッソコース
冷凍球体に 19 秒で 42 g を注ぎ、25 g を注ぎ出すと、ウォッシュ加工されたエスプレッソは、ブラック チェリー、スイート レモン、レーニア チェリー、60% ダーク チョコレートの香りが漂います。

ミルクコース
低温乾燥ココナッツミルクと全乳のブレンドを使用した天然加工パカマラには、ブラックチェリー、マシュマロ、ダークチョコレートの香りがあります。

シグネチャードリンク
両方のコーヒーのショットがパイナップル ジュース、酢酸イソアミル、ココナッツ クリームに追加され、ストロベリー、バナナ プディング、ミルク チョコレート、ホワイト チョコレートの新しい香りが生まれます。

出場1年目?
いいえ

スプラッジ USBC Day2 17mskopp

メグ・スコープ (彼女/彼女) – コーヒー運動 – カリフォルニア州サンフランシスコ

競技会で使用されるコーヒー
ケニア産の嫌気性天然加工フィールドブレンドとコロンビア産のハチミツ加工スイカ共発酵ピンクバーボンの2種類のコーヒーのブレンドです。

エスプレッソコース
冷凍スプーンでかき混ぜると、22g 入って 52g 出たこのブレンドは、中程度の重量でクリーミーなテクスチャーを持ち、新鮮なラズベリー、スイカ キャンディ、パイナップル ジュースのノートと長く続くルビーレッド グレープ フルーツの余韻が残ります。

ミルクコース
90% の Ghost Town Oats オーツミルクと 10% のフリーズドライ生牛乳をブレンドした乳飲料には、イチゴとクリーム色のオートミール、ショートブレッド、ハニー グラノーラの香りがあります。

シグネチャードリンク
ラズベリーオレオサッカラム、植物性ティー濃縮物、エルダーフラワートニックがケニア産エスプレッソを引き立て、ブラックベリージャム、酸味のある青リンゴ、わずかな発泡性のある紫の花の香り、そして余韻にミントの香りをもたらします。

出場1年目?
いいえ

スプラッジUSBC 2日目 18クチョン5

Kay Cheon (彼/彼) – Dune Coffee – カリフォルニア州サンタバーバラ

競技会で使用されるコーヒー
パナマのボケテにあるラマストゥス家によってエリダ・エステートで栽培された、自然に加工されたゲシャ。

エスプレッソコース
冷凍球体の上で急速に冷やされたエリダ ゲシャは、チェリー、タンジェリン、ダーク チョコレートの香りがあり、クリーミーな質感と余韻が長く続きます。

ミルクコース
70% の乳糖を含まないミルクと 30% の麹発酵米とオートミールのミルクを冷凍乾燥してブレンドしたコルタードのような飲み物には、キャラメルとチョコレート アイスクリームの香りがあります。

シグネチャードリンク
急速に冷やしたエスプレッソ、イチゴ、清澄ミルク、水出し熟成台湾ウーロン茶、インスタント ゲーシャがブレンドされ、グアバ、スイカ、イチゴ、白桃の香りが漂います。

出場1年目?
いいえ

本日はご視聴いただきありがとうございました!明日は、2024 US バリスタ チャンピオンシップの決勝戦に戻ってきます。

コーヒーを楽しむための重要なルールを解説した図入りガイドを宣伝する「New Rules of Coffee」のバナー