皆さん、ようこそようこそ!待ちに待った時がついにやって来ました。 2024 年全米コーヒーチャンピオンシップが正式に開催されます。私たちはランチョ クカモンガにあるクラッチ コーヒー ラボおよび焙煎施設に来ており、XNUMX つの異なる段階で行われているすべての活動を取材しており、週末の終わりには XNUMX 人の新しい米国コーヒー チャンピオンの栄冠を手にすることになります。

今週末に開催されるイベントは、US バリスタ チャンピオンシップ、US ブリュワーズ カップ、US カップ テイスターズで、すべての優勝を目指して全米各地から 70 名のコーヒー専門家が南カリフォルニアに集まります。たくさんのホットコーヒーに関する活動が行われる予定で、ここ Sprudge dot com と Instagram でお届けする予定です。

ここでは、US Barista Championship のラウンド 1 からの最新情報をすべてご覧いただけます。競合他社、そのコーヒー、シグベブ、今年の最新のミルクブームなど、あらゆる情報をお知らせします。 USBC ステージで発生した場合は、ここで見つけることができます。より多くの公演が発生するたびにこのページを定期的に更新していきますので、必ずチェックインして最新情報を入手してください。さあ行こう!

Sprudge によるランチョ クカモンガでの 2024 年 US バリスタ チャンピオンシップの報道は、 サードウェーブウォーター

スプラッジ USBC 1 日目 1 ゴエスマント 1

ゲイビー・オエスマント (彼/彼) – アイズ ピールド コーヒー – カリフォルニア州ロサンゼルス

競技会で使用されるコーヒー
インドネシアの西ジャワ州にあるWildan Mustofaによって生産され、標高1,500mで栽培され、収穫後にラクト発酵させ、Dune Coffeeによって焙煎されたXNUMXつの異なるコーヒー品種で構成されています。

エスプレッソコース
20gを入れて40gを30秒間抽出すると、エスプレッソはハイビスカス、チェリージャム、ダークラムの香りを伴う複雑なフルーツの甘さがあり、中程度の重さでクリーミーなテクスチャーと長い余韻を持ちます。

ミルクコース
コルタード サイズのミルク コースには、パンケーキ、ココナッツ フレーク、ヘーゼル ナッツのフレーバーの 90% 凍結蒸留全乳のミルク ブレンドが組み込まれています。

シグネチャードリンク
柑橘類の皮オレオサッカルム、乳酸発酵乳、オルジェート、水出し紅茶、インドネシア式エスプレッソをブレンドし、リンゴ果汁、みかん、カルダモンの風味を加えました。

スプラッジ USBC 1 日目 2hcano 3

ヒューゴ・カノ (彼/彼) – Amberson Coffee – インディアナ州インディアナポリス

競技会で使用されるコーヒー
パナマ、ボルカンのフィンカ・デボラで生産者のジェイミソン・サベージが標高2,000mで栽培した嫌気性発酵のゲシャ種コーヒーで、アーキタイプ・コーヒーが焙煎したもの。

エスプレッソコース
冷やしたエスプレッソカップに20gを入れ、43gを26秒間抽出すると、エスプレッソはパイナップルジュース、ジャスミン、ラズベリー、ダークチョコレートの香りがあり、オレンジの皮とラズベリーキャンディーの後味があり、ミディアムボディで柔らかく丸い質感があります。

ミルクコース
3:1 比率のミルク コースは、40 つのミルク ブレンドで構成されます。全乳 40%、凍結蒸留ミルク 20%、オレンジ クリームシクル、ミルク チョコレート、マカダミア ナッツのフレーバーを含むキャラメリゼ ココナッツ ミルク XNUMX%、ミディアムヘビー ウェイトのボディです。 。

シグネチャードリンク
冷やしたゲシャ エスプレッソに、浸漬したパイナップル ジュースとキャラメル化したココナッツ ミルクを加えてブレンドし、オレンジ ブロッサム ティーとドライアイスから作られたオレンジ ブロッサムの香りで仕上げます。この特製ドリンクには、チェリー、バタースコッチ、チョコレートムースの香りが漂います。

出場1年目?
いいえ

スプラッジ USBC Day1 3pwhite 4

フィリップ・ホワイト (彼/彼) – カリフォルニア州ロサンゼルス

競技会で使用されるコーヒー
キブ湖近くのルワンダ西部山脈にあるブウィシャザ生協で標高 1,600 ~ 1,800 メートルで栽培されたバーボン品種のコーヒーで、ブラック & ホワイト コーヒー ロースターズで焙煎されています。

エスプレッソコース
20.3 秒間で 43 g 注入、30 g 排出のエスプレッソには、チェリー、ピーチ、マンダリンの香りがあり、軽いボディとシルキーな紅茶の仕上がりが特徴です。

ミルクコース
凍結蒸留した乳糖を含まない全乳 (Cxffeeblack バリスタ交換プログラムのアフリカ旅行で消費された消化しやすい牛乳に似ています) を 50 g のエスプレッソと組み合わせて、キャラメル、バニラ、チーズケーキ (「通常の種類」) のフレーバーを作ります。

シグネチャードリンク
清澄したミルクパンチ、生理食塩水、パッションフルーツ溶液、そして極度に冷やしたエスプレッソを一緒に加えて窒素添加し、チェリーライムエードパンチ、オレンジシャーベット、ゴールデンレーズンのフレーバーを模倣したラム酒で仕上げます。

出場1年目?
いいえ

スプラッジ USBC Day1 4Amandujano 2

Arturo Mandujano Jr (彼/彼) – MoonGoat Coffee Roasters – カリフォルニア州レイクフォレスト

競技会で使用されるコーヒー
エチオピアのゴリ・ゲシャ地域で栽培されたゴリ・ゲシャとゲシャ 1931 品種の炭酸浸軟ブレンド。

エスプレッソコース
19 秒間で 47 グラムを入れて 20 グラム出し、炭酸浸軟化したゲシャを凍った球体の上で引っ張ってエスプレッソを冷やし、ザクロのような甘み、オールスパイスの苦み、シャルドネのような中程度の重さ、ジューシーな口当たり、長く続く柑橘類の余韻を与えます。 。

ミルクコース
マキアート、ミルクコースは、カカオニブ、タマリンド、グラハムクラッカークラストのフレーバーのために、牧草で育った牛からの凍結蒸留A23ミルクと短い36gから2gのエスプレッソショットをブレンドします。

シグネチャードリンク
ハイパーチルド ゲシャは、グレープ フルーツ コーディアル、乳酸バニラ、凍結蒸留 A2 ミルクと組み合わされ、砂糖漬けのオレンジとクリーミーに溶けたチョコレートの香りを伴います。

出場1年目?
はい

スプラッジ USBC 1 日目 5n グッドウィン 2

ノエル・グッドウィン (彼女/彼女) – Hagen Coffee Roasters – ワシントン州ブラックダイヤモンド

競技会で使用されるコーヒー
コロンビアのウィラ地方の標高1,730mで栽培されたイエローバーボン品種で、完全に洗浄され、二度嫌気発酵され、10日前にローストされました。

エスプレッソコース
21 秒で 40g 入って 24g 出るエスプレッソには、スイカ、甘露、糖蜜の香りがあり、オレンジ色のフィニッシュ、ミディアムボディ、ジューシーな口当たりが特徴です。

ミルクコース
85%の全乳と15%のマカダミアナッツミルクのカスタムブレンドは凍結蒸留され均質化されており、エスプレッソと組み合わせると溶けたストロベリーアイスクリーム、ティラミス、ホットココア、バニラの香りが生まれ、ミディアムボディ、シルキーな口当たり、そして甘い香りが特徴です。仕上げる。

シグネチャードリンク
レーズンピューレ、発酵したパッションフルーツ蜂蜜、使用済みのコーヒーパックとオレンジジュースの混合物を空気を含ませて冷やし、均質化したもので、すべてコーヒーの花の香りで仕上げられています。この代表的な飲み物には、ラズベリー、ピーチ、ダークチョコレート、赤ブドウの香りがあり、ミディアムボディで持続的な余韻が特徴です。

出場1年目?
はい

スプラッジ USBC 1 日目 6rldiner 4

ラファエル・レヴィ・ダイナー(彼/彼) – Onyx Coffee Lab – アーカンソー州ロジャース

競技会で使用されるコーヒー
メキシコ、チアパス州フィンカ・サンタ・クルスの生産者ペペ・アルゲッロが製造した赤蜂蜜加工のゲシャと、コロンビア産の黒蜂蜜加工のウシュウシュ品種を5:3の比率でブレンドしました。

エスプレッソコース
16% 抽出で 40g から 19.3g のエスプレッソコースには、ラズベリー、熟したルビーレッドグレープフルーツ、オレンジの花、カカオの香りがあり、中程度の重さとジューシーな長い余韻が特徴です。

ミルクコース
3:1 の比率の乳飲料には、ウェルタース キャラメル、塩味トフィー、ミルク チョコレートのフレーバーのために凍結蒸留した乳糖を含まない全乳が組み込まれており、濃厚でバターのようなクリーミーな仕上がりになっています。

広告ですが初のコーヒークックブックが発売になりました

 

シグネチャードリンク
モグラをイメージしたこの特製ドリンクには、コーヒーの花の蜂蜜とカカオの溶液、アンチョチリを注入したアガベ シロップ、塩漬けのホエー、オリーブ オイル、ライム ジュースが含まれており、すべて一緒に蒸してから桜の木で燻製しました。温かいホットアップルサイダー、チョコレート、火で焼いたマシュマロ、モールなどのフレーバーがあります。

出場1年目?
はい

Sprudge USBC day1 7sselvanow 6

Seidy Selvanow (彼女/彼女) – Kafeix Roasters – ワシントン州バンクーバー

競技会で使用されるコーヒー
メキシコのベラクルス州ラホヤでサミュエルとグロリア・ロンゾンが1,700マスラで生産したマラカトゥラ種と、コロンビアの1,700マスレで栽培された嫌気発酵ゲシャ。

エスプレッソコース
18g のインで 42g のアウトで抽出された嫌気性の Gesha を使用したエスプレッソには、リンゴ、レーニア チェリー、ジャスミン、ピーチ ティーの香りがあり、中程度の重量でジューシーなテクスチャーとマンダリン オレンジの余韻が特徴です。

ミルクコース
マラカトゥーラ メキシコ コーヒーは、乳糖を含まないミルクと組み合わせて、イエロー ケーキの生地、とろけるラズベリー アイスクリーム、甘いバニラ、そしてココアの風味を備えたミルク ドリンクです。

シグネチャードリンク
急速に冷やしたゲシャ エスプレッソ、インスタント マラカトゥラ コーヒー、パイナップルオレオサッカラム、ラズベリーコンポートを組み合わせて窒素添加し、ストロベリーキャンディー、グアバ、ザクロのフレーバーを加え、甘いトロピカルな仕上がりにしています。

出場1年目?
いいえ

Sprudge USBC Day1 8dgraff 4

ダコタ・グラフ (彼/彼) – Onyx Coffee Lab – アーカンソー州ロジャース

競技会で使用されるコーヒー
コロンビア、ポトシのグランハ・ラ・エスペランサで標高34mで栽培されたリゴベルト・エレーラが生産した嫌気性発酵天然加工SL1,800。コロンビアのバジェ・デル・カウカにあるカフェ・インマクラダで栽培された嫌気性の天然エウジェニオイデス。そしてエクアドル産のロブスタ。

エスプレッソコース
15 秒で 45g 入って 22g 出ます。冷却した球体で抽出します。SL34 エスプレッソには、ルビーレッド グレープ フルーツ ジュース、カカオニブ、イチゴ、温かい蜂蜜の香りがあり、シルキーで丸い触感、中くらいの重さ、そして長く甘い後味があります。

ミルクコース
SL34 のピーベリー バージョンとユージェニオイデスを組み合わせた 3:1 乳飲料は、オレンジ バニラ ケーキ、ミルク チョコレート、塩キャラメル、ホワイト チョコレートのフレーバーのために凍結蒸留した乳糖を含まない牛乳を輸入しています。

シグネチャードリンク
SL34 とエクアドル産ロブスタをブレンドしたシグ ベブには、カスカラ、コーヒー フラワー コーディアル、アグア ファバ、乳酸発酵したラズベリーがリンゴに添えられ、タルト リンゴ、ラズベリー、オレンジ タフィーの香りが漂います。

出場1年目?
いいえ

スプラッジ USBC 1 日目 9gカウフマン 4

グレイ・カウフマン (彼ら/彼ら) – ワシントン州シアトル

競技会で使用されるコーヒー
コロンビアのカウカ地方にあるグランハ エル パライソ-1,900のウィルトン ベニテスによって標高92mで栽培された二重嫌気発酵、サーマルショック処理されたカトゥーラを、ローストから20日間冷凍しました。

エスプレッソコース
21gインから45gアウト、18秒間、冷凍ステンレスボールの上で引っ張り、ラズベリージャム、ココア、マラスキーノチェリーの香り、ライトからミディアムウェイト、長くてややドライなフィニッシュ。

ミルクコース
凍結蒸留した脂肪分 2.5% のミルク、乳糖を含まないミルク、凍結蒸留したオーツミルクからなる 1 つのミルクを 3.5:XNUMX の比率でブレンドすると、バニラ ウエハース クッキー、バニラ モルト、プラリネのサーマル ショック カトゥーラ ノートが得られます。

シグネチャードリンク
冷たいエスプレッソ、発酵ブラッド オレンジ ジュース、野の花の蜂蜜とハイビスカス ティー シロップ、卵白を混ぜ合わせ、脚付きグラスに入れてジャスミン ティー リンスとともに提供し、新鮮なラズベリーとミルク チョコレートの香りを添えます。

出場1年目?
いいえ

スプラッジ USBC 1 日目 10FL 2

Frank La (彼/彼) – Be Bright Coffee – カリフォルニア州ログエンジェルス

競技会で使用されるコーヒー
オムブリゴンとして知られるエチオピア在来品種の嫌気発酵コーヒー。コロンビア、ウィラのフィンカ・エル・ディビソで生産者のネストル・ラッソが標高1,900mで栽培。

エスプレッソコース
タルトチェリージュース、スイカキャンディ、ルバーブ、ダークチョコレートの香りがあり、ミディアムウェイト、シルキーな口当たり、余韻が長く続きます。

ミルクコース
乳糖を含まない凍結​​蒸留蒸発ミルクを使用したオンブリゴンベースのミルクコースには、チョコレートで覆われたレーズン、チーズケーキ、バニラモルトの香りがあります。

シグネチャードリンク
冷たいエスプレッソ、ウーロン茶とはちみつですっきりさせたコーヒーミルクパンチ、種なし赤グレープシロップ、コーヒーサッカラムをブレンドし、レモンヨーグルト、ホワイトグレープフルーツ、ジンジャーエールの新しいフレーバーをブレンドしました。

出場1年目?
いいえ

スプラッジUSBC Day1 11jahn

ジヌ・アン (彼/彼) – カフェ・グランピー – ニュージャージー州パリセーズ・パーク

競技会で使用されるコーヒー
セサール・フェルナンデスがホンジュラスのサンタ・バーバラにあるエル・シエリトの1,600ヘクタールの農場で、セサール・フェルナンデスが標高4.5mで栽培したパラネイマ種のコーヒーをウォッシュ加工したもの。

エスプレッソコース
グレープ フルーツ、75% ダーク チョコレート、カカオ ニブの香り。中くらいの重さでジューシーで丸みのあるボディ。

ミルクコース
凍結蒸留したゴーストタウン オーツ オーツミルクをホンジュラス パラネイマ エスプレッソと組み合わせて、ココア パウダーとベーカーズ チョコレートの香りを加えました。

シグネチャードリンク
オールド ファッション カクテルからインスピレーションを得たシグ ベブには、ハイパーチルド エスプレッソ、ライム ピールオレオ サッカラム、ノンアルコール ビターズ、砂糖漬けライム、シナモン、75% シングル オリジン ダーク チョコレートの風味の絞りたてのライム ジュースが含まれています。

出場1年目?
いいえ

スプラッジ USBC Day1 12jyeo 5

ジェイソン・ヨー (彼/彼) – セント・フランク・コーヒー – カリフォルニア州サンフランシスコ

競技会で使用されるコーヒー
ホンジュラス、サンタバーバラのエル・ブルホにある生産者ベンジャミン・パスによって標高1,700mで栽培された乳酸発酵、ウォッシュ加工されたゲシャ品種。

エスプレッソコース
20g を入れて 45g を出し、冷凍球体の上で 25 秒間引っ張ると、洗浄された Gesha は紅茶のような仕上がりでみかんの香りが漂います。

ミルクコース
コルタードサイズの飲料に入ったA2ミルクで戻した凍結乾燥乳糖不含ミルクは、ホワイトチョコレート、キャラメル、チョコレートミルクシェイクの風味を与えます。

シグネチャードリンク
極度に冷やしたエスプレッソ、レモンオレオサッカラム、牛乳で洗浄したコールドプレスオレンジジュース、清澄オルジェートにニトロチャージが加えられ、オレンジブロッサム、レモンキャンディー、ブラッドオレンジ、グレープキャンディー、チェリーのフレーバーが現れます。

出場1年目?
いいえ

スプラッジ USBC 1 日目 13lhrabovsky 5

リン・フラボフスキー (彼ら/彼ら) – Cosmic Bloom Coffee – カリフォルニア州ビスタ

競技会で使用されるコーヒー
インドネシアの標高1,700mで栽培されたカトゥアイ種を嫌気発酵させて自然加工したコーヒーです。

エスプレッソコース
18.5gを入れて36gを30秒間抽出したカトゥアイのエスプレッソには、酸味のあるドライチェリー、チョコレートガナッシュ、そしてカシューナッツのような香りが漂います。

ミルクコース
凍結蒸留乳を使用した1:1の乳飲料で、ハーシーズミルクチョコレートの風味とふわふわの口当たり、そしてグラハムクラッカーのような仕上がりです。

シグネチャードリンク
凍結蒸留牛乳の副産物であるオルジェートをイメージしたシロップとチェリー ウォーター ケフィアをカトゥアイ エスプレッソと混ぜ合わせ、ランビック、スイート ベルモット、スイート チェリーのようなフルーツを前面に押し出したビールの香りを出し、軽くさわやかな口当たりとチェリー クリームを添えています。ソーダっぽい仕上がり。

出場1年目?
いいえ

sprudge usbc day1 14asciarotta 4

Alex Sciarotta – Narrative Coffee – ワシントン州エベレット

競技会で使用されるコーヒー
コロンビアのミカバ・エステートの標高1,700mで栽培された、炭酸浸軟させた天然加工のゲシャ種を、ヴェルトンズ・コーヒーのヴェルトン・ロスが焙煎したもの。

エスプレッソコース
20g を入れて 40g を出し、26 秒間抽出したミカバ エステーツ ゲシャは、エスプレッソとして、ラズベリーの酸味、パイナップルの甘さ、ブラッド オレンジの苦味のノートがあり、ジューシーな口当たりが特徴です。

ミルクコース
ワシントン州北部のグレースハーバー農場でジャージー牛とガーンジー牛から搾った全乳を凍結蒸留したこの乳飲料には、ダークチョコレートのムース、溶けたナポリのアイスクリーム、甘いバターのようなペストリーの香りが漂います。

シグネチャードリンク
冷やしたエスプレッソ、醸造したゲシャ、乳酸溶液、酒石酸溶液、シンプルなシロップにニトロチャージが加えられ、甘いロゼ、マンゴーラッシー、ライムシャーベットの風味が得られます。

出場1年目?
いいえ

sprudge usbc day1 15jpatel

ジェイミー・パテル (彼/彼) – Counter Culture Coffee – ノースカロライナ州ウェイク フォレスト

競技会で使用されるコーヒー
ホンジュラス、マルカラのフィンカ・エル・プエンテにあるメアリーザベル・カバレロ氏とモイセス・エレーラ氏が海抜1,600mの標高で栽培した嫌気性ハニーウォッシュ加工のゲシャ品種。

エスプレッソコース
19gを入れて40gを20秒間飲むと、フィンカ エル プエンテ ゲシャはクランベリー、オレンジ、ピンク グレープ フルーツ、ダーク チョコレートの香りがあり、紅茶のような余韻が長く続きます。

ミルクコース
凍結蒸留しキャラメル化した無乳糖ミルクは、非常に薄いワッフル、ヨーグルトで覆われたレーズン、バニラの香りを持つ飲み物を作り出します。

シグネチャードリンク
極度に冷えたゲシャ エスプレッソと乳酸発酵したキウイ ジュースが、フレッシュ チェリー、塩キャラメル、黄桃のミルクシェイクの香りを伴う代表的なドリンクの先頭に立っています。

出場1年目?
いいえ

スプラッジ USBC 1 日目 16 アラグラー 3

アンソニー・ラグラー (彼/彼) – ブラック&ホワイト コーヒー – ノースカロライナ州ウェイク フォレスト

競技会で使用されるコーヒー
パナマのボケテにあるカーニャス・ベルデス地域のアブ・コーヒー社が栽培した、二重嫌気性発酵させた天然加工のゲシャです。

エスプレッソコース
冷凍球体上で 19g 注入、42g 抽出された天然ゲシャは、レッドチェリー、スイートレモン、アプリコットの香りがあり、ミディアムボディ、シルキーな口当たり、紅茶のような後味を持っています。

ミルクコース
凍結乾燥した牛乳を全乳で 1:8 の比率で戻し、ミルク チョコレートとキャラメルの風味を加えます。

シグネチャードリンク
極度に冷やしたエスプレッソ、スモークバーボンオレオ、発酵グレープフルーツジュース、炭酸水、そしてセージエッセンスをひと振りすると、ライムの皮、ほのかなオーク、モヒート、ジンジャー、ミントの香りが漂います。

出場1年目?
いいえ

スプラッジUSBC Day1 17Jベネット

ジェレミー・ベネット (彼/彼) – Bennetts Coffee Co

競技会で使用されるコーヒー
パナマのボルカンにあるジャンソン家によって生産されたゲシャ品種と、コロンビアのカウカにあるエル・パライソの生産者ディエゴ・ベルムデスがサーマルショック処理したピンクバーボンです。

エスプレッソコース
Gesha を 16.3 g 注入、40 g 排出の比率で 25 ~ 28 秒間使用すると、エスプレッソ コースにはスイカ、ジャスミン、ライムの酸味の香りが漂います。

ミルクコース
ピンク バーボンを同じ仕様にすると、コルタードとしてキー ライム パイとクルミのフレーバーが得られます。

シグネチャードリンク
サーマルショックを受けたピンク バーボンに、ピスタチオ オレオ サッカラム、ラズベリー コーディアル、アクア ソラを加え、すべてシェイクして濾し、フルーツ ポンチ、スイカ、キー ライム パイのフレーバーを表現します。

出場1年目?
はい

スプラッジ USBC 1 日目 18mskop 3

メグ・スコープ (彼女/彼女) – コーヒー運動 – カリフォルニア州サンフランシスコ

競技会で使用されるコーヒー
ケニア産の嫌気性天然加工フィールドブレンドとコロンビア産のハチミツ加工スイカ共発酵ピンクバーボンの2種類のコーヒーのブレンドです。

エスプレッソコース
冷凍スプーンでかき混ぜると、22g 入って 52g 出たこのブレンドは、中程度の重量でクリーミーなテクスチャーを持ち、新鮮なラズベリー、スイカ キャンディ、パイナップル ジュースのノートと長く続くルビーレッド グレープ フルーツの余韻が残ります。

ミルクコース
90% の Ghost Town Oats オーツミルクと 10% のフリーズドライ生牛乳をブレンドした乳飲料には、イチゴとクリーム色のオートミール、ショートブレッド、ハニー グラノーラの香りがあります。

シグネチャードリンク
ラズベリーオレオサッカラム、植物性ティー濃縮物、エルダーフラワートニックがケニア産エスプレッソを引き立て、ブラックベリージャム、酸味のある青リンゴ、わずかな発泡性のある紫の花の香り、そして余韻にミントの香りをもたらします。

出場1年目?
いいえ

本日はご視聴いただきありがとうございました!明日は、2024 US バリスタ チャンピオンシップの準決勝ラウンドに戻ってきます。

本の新しいコーヒールールを宣伝するバナー