2023 US バリスタ チャンピオンシップ 週末が過ぎ去り、私たちはいまだに、今目撃した出来事を理解できていない。それでも、週末の競争からいくつかの傾向が浮かび上がってきた。その傾向の1つは、まったく新しいものではないが、相変わらず広まっているようだ。それは、 ゲシャ品種 USBCでは、特に嫌気性発酵させたゲシャを紹介しています。

に戻る 準決勝ラウンド18人の参加者のうちXNUMX人がゲシャ種のコーヒーを使用し、XNUMX人が 嫌気性発酵唯一の非嫌気性ゲシャは、ジェナ・ゴットヘルフとモーガン・エクロスのもので、後者のコーヒーは、パナマのチリキ地方の有名な生産者ジェイムソン・サベージによる自然な炭酸浸軟工程を経ています。ゴットヘルフのコーヒーについて詳しくはこちらをご覧ください競争が激しくなるにつれ 決勝に進出した、Gesha は発表されたコーヒーの中でさらに大きな市場シェアを占めました。ファイナリスト 6 名のうち 4 名はすべて Gesha を使用しており、そのうち 3 名は嫌気性コーヒーでした。

コーヒーの新しいルールが利用可能になりました

 

決勝 リーフベセット PDX USBC 2023 リチャイ 1
リーフ・ベセットと彼のエル・パライソ・ゲシャ。

前述のエクロス社の炭酸ガス発酵させたゲシュに加え、フランク・ラ(コロンビア、カウカのフィンカ・フアン・マルティン)、リーフ・ベセット(コロンビア、カウカのエル・パライソ)、フアン・ディアス(コロンビア、ミカバ・ファーム)などの嫌気性発酵させたゲシュも見ました。これらのゲシュも、コースに応じて異なる割合でシドラ種をゲシュにブレンドしていました。

しかし、ゲシャは競技会では全体的に成功を収めたにもかかわらず、今年は最終的な成功を達成できなかった。ゲシャを使用した競技者は 2位、3位、5位、6位 2023年のコーヒーコンテストでは、より主流のコーヒーが選ばれましたが、優勝したのはより主流のコーヒーで、希少ではあるものの、コンテストでよく使われるゲシャスや他の実験的なマイクロロットほどの値段が付くとは限らない品種でした。優勝したのは、 アーキタイプコーヒー そして、グアテマラのフィンカ・ブエナビスタで生産されたピンク・バーボンは、コロンビアのフィンカ・エル・パライソのディエゴ・ベルムデスに引き渡され、彼独自の「熱ショック」処理が施されました。

決勝戦 isaiahsheese pdx usbc 2023 lizchai 2
アイザイア・シースのとてもピンク色のピンクバーボン。

もちろん、USBC は厳密にはコーヒーを買うイベントではない。競技者は完璧なルーティンを実行し、どんなに鋭い観察眼を持つ観客でも気付かないような隠れた技術的ポイントを積み重ねていかなければならない。世界のほとんどの人が味わうことのないゲシャ コーヒーを飲むことは、世界バリスタ選手権への、あるいは USBC の決勝戦や準決勝戦への黄金のチケットではないが、競技者をトップの座を争う話題に載せるというその有効性を否定するのは難しい。そして現在 2023 年、その優位性を得る、または優位性を得ようとしている人々と対等に戦おうとする最も一般的な方法は、嫌気性発酵させたゲシャであるゲシャを使うことだ。

ザック・キャドワラダー Sprudge Media Network の編集長であり、ダラスを拠点とするスタッフ ライターです。 ザック・キャドワラダーが Sprudge について語る.

コーヒーを楽しむための重要なルールを解説した図入りガイドを宣伝する「New Rules of Coffee」のバナー