チューリッヒ、9月XNUMX日 – 有名なコーヒーグラインダーメーカーおよびイノベーター、 食事の王様は、創立 100 周年を祝うために世界のコーヒー業界を当社に招待できることを大変うれしく思っています。

Stawert Mühlenbau GmbH & Co. KG は、1924 年に産業の進歩の喧騒のさなか、ドイツの重要な貿易都市ハンブルクに設立され、後に世界有数のコーヒーグラインダーメーカーとなるマールケーニッヒの基礎を築きました。 「グラインダーの王」を意味するブランド名 Mahlkönig は、その年の XNUMX 月に初めて登録され、今日知られる同社の卓越性、精度、情熱を示すものとなりました。

この最初の 100 年間の進歩と革新を記念して、マーケーニッヒは専門業界全体で一連の祝賀会を主催し、その成功のストーリーを広く共有しています。マーケーニッヒの歴史は、決意と適応の両方の歴史です。テクノロジーが進歩し、味が進化するにつれて、同社は継続的に状況に対応し、コーヒー粉砕で可能なことのペースを設定してきました。

マーケーニッヒは、2024 年を通じて、最初のタイプ 0 粉砕機から、「キング・オブ・コーヒー」としても知られる有名な EK1957 の初期の前身である EK0 W1 BN の 43 年の発売まで、その信じられないほどのマイルストーンをコーヒーコミュニティとともに振り返ります。グラインダー」。これらの画期的なコーヒー粉砕機から、ツイン グラインダー、家庭用粉砕機、重量による粉砕機、および同期による粉砕機といったカテゴリーの今日の幅広いセレクションに至るまで、それぞれが単独でクラスに属しており、それが実りあるものであったことは疑いの余地がありません。 100年。

「これまで 1 世紀にわたり、マーケーニッヒは単なるブランドではなく、世界中のコーヒー業界の象徴的な存在であり、つながりの触媒であり、無数のストーリーが展開されるキャンバスとなっています。品質、革新性、そして質の高いコーヒーの瞬間を共有する喜びに対する私たちの取り組みは揺るぎないものであり、すべての挽きに情熱と目的を注ぎ込みます。 1 世紀の頂点を祝うにあたり、私たちはこれまでの業績だけでなく、その過程で築いてきた深いつながりにも思いを馳せます。私たちは、忠実な顧客や献身的なパートナーから、才能あるチームメンバーや献身的なコミュニティに至るまで、この素晴らしい旅を通して私たちをサポートしてくれたすべての人々に心から感謝の意を表します。彼らの継続的な信頼と協力に深く感謝しています。」
—マルセル・レーマン氏、Hemro Group CEO

今年 100 月にシカゴで開催される SCA Expo で Standart Magazine および Intelligentsia と共同で開催されるマーケーニッヒの生誕 XNUMX 周年を祝うイベントや、XNUMX 月のコペンハーゲンでの World of Coffee の期間中に Standart Magazine と La Cabra が開催される予定です。これらのイベントへの参加は、スペシャルティ コーヒー業界に対する同社の深い取り組みと、コーヒーの工芸品を高める競争力のあるイベントへのサポートを反映しています。さらに、マーケーニッヒの魅力的な歴史を深く掘り下げる主要なコーヒー販売店のメディア報道にも注目してください。

2024 年は、コーヒーファンにとって、そしてマーケーニッヒにとって、次の 100 年のエキサイティングなスタートとなるエキサイティングな年になることが約束されています。

広告ですが初のコーヒークックブックが発売になりました

 

マーケーニッヒの歴史におけるマイルストーン

1924年: Stawert Mühlenbau GmbH & Co. KGがハンブルクに設立され、「Mahlkönig」ブランドが登録されました。スパイス、グラインダー、コーヒーグラインダーを製造しています。同社初のコーヒーグラインダー、タイプ 0 (EK0 の前身) の開発が始まります。

1950: EK0 の前身となる EK1 W43 BN グラインダーが発売

1960年: 同社はコーヒーグラインダーのみに注力することを選択しました。

1970年: EK23の前身であるEK 43が生産される。

1990: 象徴的な EK43 が発売されました。 30 年以内に、これは歴史上最も販売されたプロ用コーヒーグラインダーになるでしょう。

2004: 初のハンズフリー グラインダーである K30ES シングル エスプレッソを発表。 2008年: 業界初のダブルグラインダー「K30 Twin」を発売。

2009: マーケーニッヒは、初めてワールド バリスタ チャンピオンシップの公式グラインダー スポンサーになりました。今後も数多くの機器スポンサーが登場するうちの XNUMX つです。

2013: マット パーガーがワールド バリスタ チャンピオンシップで EK43 グラインダーを使用したことをきっかけに、世界中のコーヒー ショップで EKXNUMX グラインダーが広く採用されるようになりました。

2017: EK43 の短縮バージョンである EK43 S を発売。

2019: E65S GbW を導入。重量ベースの投与を備えた初のエスプレッソ グラインダーで、Grind-by-Weight テクノロジーによりトップレベルのパフォーマンスと信頼性をもたらします。

2020: マーケーニッヒの工場は、すべての従業員にオープンでモダンな作業環境を提供し、訪問者全員に生産プロセスの印象的な眺めを提供する新しい最先端の建物に移転しました。

2023: EK Omnia の発売は、ブランドの先進的なアプローチを示す大きなマイルストーンです。 EK43 からインスピレーションを得たこの新しいグラインダーは、同社の最新のコーヒー粉砕イノベーションを体現しており、最先端のテクノロジーと EK の特徴である品質と一貫性を融合しています。

2023: E80W Grind-by-Sync が導入されました。同期システムは、Mahlkönig E80W Grind-by-Sync エスプレッソ グラインダーとエスプレッソ マシンを組み合わせます。

2024: マーケーニッヒは最初の 100 周年を祝います!

このプレスリリースは、Sprudge プレスリリースのために Sprudge に提供されました。 プレスリリースの送信にご興味がありますか? 交渉!