ドイツのドレスデンは「エルベ川沿いのフィレンツェ」として知られ、現代では歴史と美しさの魅惑的な融合がにじみ出ています。そのルーツはエルベ川のほとりにある石器時代にまで遡り、正式な記録には 1206 年に初めて言及されています。時代を経て、ドレスデンの重要性は、神聖ローマ帝国からザクセン王国、そして今日の自由国へと発展するにつれて増大していきました。ザクセン州。

現在、ドレスデンが第二次世界大戦の歴史の中でその位置を占めていることは多くの人が知っています。当時、街のバロック様式の中心部は連合軍の一連の空襲でほぼ完全な破壊を経験しました。戦後の時代、ドレスデンは東ドイツの一部でしたが、その指導者たちは遺跡を撤去し、その場所に近代的な建造物を建設しました。ドレスデンは耐え忍び、ドイツ統一後に深遠な再生が始まりました。

今日、ドレスデンは、回復力と再生の感動的な象徴としての役割を果たしています。聖母教会、ツヴィンガー宮殿複合施設、ゼンパーオーパーなどの貴重なランドマークが丹念に修復され、文化の安息地としての街の地位が復活しました。バロック様式の建築、風光明媚な川の眺め、活気のある地区は、旧世界の魅力と現代の活力を難なく融合させています。

ドレスデンの魅力は建築を超えて広がります。それはその雰囲気と魅力で繁栄します。訪問者は街の歴史に浸り、芸術や音楽を満喫し、美食を味わうことができます。有名なシュターツカペレ オーケストラから歴史あるシュトリーツェルマルクト クリスマス マーケットまで、ドレスデンには複数の文化的宝物があります。食の伝統がクリスマスとともに輝きます シュトーレン, アイアースヘッケ、チーズケーキに似ており、 ザウアーブラーテン、酢とビールに浸した柔らかい牛肉、赤キャベツと団子を添えて。

1755 年、ヨハン ヨアヒム ヴィンケルマンは「ドレスデン、美が発明された場所」と宣言しました。ドレスデンは単なる都市ではありません。それは、回復力と美しさの不朽の精神の生きた証です。ここでは歴史と現代性がシームレスに共存しており、訪問者はその豊かな過去を鑑賞し、時代を超越した魅力を満喫することができます。そしてもちろん、それに合わせて美味しいコーヒーもあります。

ドレスデンクロスリバー外観ニキータ・ソルベルグ

クロスリバーコーヒー

クロスリバーコーヒードレスデン西部の美しいレープタウ地区にあるカフェ&ロースタリーは、コーヒーとビーガン料理の特別なブレンドを提供しています。焙煎機が見える広々とした屋内スペースがあり、晴れた日には屋外席も利用できるので、くつろぐのに最適な場所です。

彼らのコーヒーは普通のものではありません。少なくとも週に 1 回は豆を焙煎し、いつでも新鮮で香り豊かな一杯を提供します。クロスリバーコーヒーの特徴は、倫理的なコーヒー調達への取り組みです。彼らは公正な価格を支払い、農家を元気づけるためのさまざまなプロジェクトを実施することで、カメルーン北西部のコーヒー農家を直接支援しています。同じ地域出身のウィルソン・タントによって設立されたこのカフェは、公平性と持続可能性の精神を体現しています。

ドレスデン、ニキータ・ソルベルグ内で川を渡る

「クロスリバーコーヒー」という名前は、彼らのフェアトレードコーヒーを表すだけでなく、ナイジェリアとカメルーンの国境地域で見つかったクロスリバーゴリラの窮状にも注目を集めています。彼らの価値観には、直接取引、公正な支払い、透明性、知識の共有、恵まれない生産者への支援、環境保護が含まれます。

クロス リバー コーヒーは水曜日を除く毎日営業し、優れたコーヒーを提供するだけでなく、コーヒーの世界をより良い場所にするという取り組みを行っています。

クロスリバーコーヒーの場所は、 Rudolf-Renner-Straße 36, 01159 ドレスデン。 彼らの訪問 公式ウェブサイト それに続く Instagram.

ドレスデン・カファネロの外観ニキータ・ソルベルグ

カファネロ

2015に設立され、 カファネロドレスデンの工業団地にひっそりと佇むコーヒー焙煎所兼カフェは、コーヒー愛好家にとって隠れた逸品です。カファネロは、世界のさまざまな地域からの豊富な種類のコーヒー豆を提供することに誇りを持っています。豆を丁寧にローストすることで、豆本来の風味が活き、苦味がなくなり、まろやかなコーヒー体験が得られます。

広告ですが初のコーヒークックブックが発売になりました

 

カファネロは、シングルオリジン コーヒーに焦点を当てている点でユニークであり、各コーヒーは特定の地域から供給され、その地域のコーヒーの特別な特徴を示しています。純粋なブレンドされていないコーヒーに重点を置くことで、常連客は世界中のさまざまなコーヒー生産地域に関連する独特の風味を探索することができます。カフェは居心地の良い雰囲気を提供しており、友人との集まりやビジネスミーティングに最適です。コーヒーのほかに、地元で人気のモレンツベーカリーのおいしいケーキも提供しています。

ドレスデン・カファネロ、ニキータ・ソルベルグの中

Kaffanero のチームはコーヒーに情熱を持っており、時間をかけて知識を共有し、お客様が完璧なコーヒーを見つけられるようサポートします。コーヒー豆の胴体を持つハチドリを特徴とする彼らのロゴは、彼らのブランドを定義する愛、伝統、そして並外れた味を体現しています。 「カファネロ」という名前自体は歴史的に重要な意味を持っており、その起源は 15 世紀にコーヒーの効果を発見したと信じられているカファ地方のエチオピアの修道士にまで遡ります。 「ネロ」という用語はイタリア語で黒、またはギリシャ語で強いを指し、コーヒーの本質を強調しています。

カファネロの所在地は、 Rosenstraße 92, 01159 ドレスデン。 彼らの訪問 公式ウェブサイト それに続く Facebook および Instagram.

ドレスデンモカ外観ニキータ・ソルベルグ

もおかカフェ

もおかカフェドレスデンの旧市街に位置し、居心地の良い魅力的なコーナーカフェ体験を提供しています。とともに ビクトリア Arduino ブラック イーグル エスプレッソ マシンを中心に据えた Moka は、エスプレッソの標準規格と季節限定のスペシャル商品で品質へのこだわりを示しています。革新的なメニューのハイライトの 1 つは、ベルリン発のワンダーブルーム ボタニカル ラテです。アダプトゲン、根菜、薬用キノコ、地元のハーブをフィーチャーしたこれらのラテは、通常のエスプレッソのおいしい代替品です。

彼らはコーヒーを次の場所から調達しています。 ワイルドカフェ、ドイツ南部のガルミッシュ・パルテンキルヒェンの焙煎士が、おいしいビールをお届けします。 Moka では、Wildkaffe の通常ラインと、オーガニックおよびデメター認定のファーマーズ ヴォイス ローストの両方を提供しています。ドレスデン ミッテ駅と有名なツヴィンガー宮殿からは歩いてすぐの距離にあり、市内観光のお客様に簡単にアクセスできます。

ドレスデンモカドリンクニキータ・ソルベルグ

Moka の魅力は、高品質のドリンクにとどまらず、軽食、スナック、ケーキ、ペストリーなど、ビーガン向けのオプションも多数用意されています。落ち着いた雰囲気の店内と路上席の両方で、休憩に最適なスポットです。火曜日から金曜日まで営業している Moka では、素晴らしいカフェ体験をお求めの方に、高品質のコーヒーをお楽しみいただけます。

モカカフェの場所は、 Schützengasse 2, 01067 ドレスデン。 Vフォローしてください Facebook.

ドレスデンの招き猫の外観 ニキータ・ソルベルグ

ラッキーキャットコーヒー

ラッキーキャットコーヒー 日本のミニマルなカフェに慣れているコーヒー愛好家にとっては天国のようなお店です。 2022 年にヘンニとディディエによって設立されたラッキー キャットは、ドイツ、カナダ、コロンビア出身のバックグラウンドを持ち、最高級のスペシャルティ コーヒーを作ることに全力を注いでいます。彼らは豆の独特の特徴を引き出すために浅煎りに情熱を注いでおり、その結果、よりマイルドでフルーティーな風味プロファイルが得られます。

シンプルな日本風の装飾が施されたこのカフェでは、高品質のコーヒーや抹茶のドリンク、抹茶やオレオチーズケーキなどのユニークなフレーバーを含むおいしい自家製ケーキを提供しています。また、コーヒーについて顧客に教育し、ドリップオーバーなどの方法や浅煎りのニュアンスを紹介することも優先しています。

ドレスデンの招き猫、ニキータ・ソルベルグの中

アメリカ、カナダ、日本のコーヒーシーンから得たアンニとディディエの豊富な経験が彼らの情熱を刺激し、カウンターの後ろでよく見かけられます。彼らはコーヒー農家と個人的な関係を築き、公正な待遇を確保することに尽力しています。アンニとディディエは、輸入業者から豆を購入する際、農家がどれほど公平に扱われているかを知り、倫理的に調達することを優先します。

カフェの名前とロゴは、幸運をもたらすと信じられている「招き猫」の置物からインスピレーションを得ています。このエンブレムは、ノイシュタットの並木のあるハウプト通り遊歩道に位置するカフェのアイデンティティに、興味深い日本風のタッチを加えています。水曜日から日曜日まで営業しており、月曜日と火曜日に新鮮なバッチを焙煎します。このシーンでは最も新しいカフェの 1 つであるにもかかわらず、このコーヒー ショップとロースタリーは訪問者にとって必見の場所です。

ラッキーキャットコーヒーの場所は、 Hauptstraße 29, 01097 ドレスデン。 彼らの訪問 公式ウェブサイト それに続く Instagram.

ドレスデン カフェ オズヴァルト 外観 ニキータ・ソルベルグ

カフェ オズワルド

カフェ オズワルツノイシュタットに位置し、エルベ川沿いのアルブレヒツベルク城の近くにサマーカフェも併設されており、ドレスデンのスペシャルティ コーヒー シーンに最初に貢献した企業の 1 つです。スポーツをする La Marzocco エスプレッソマシンと抽出 フェニックス ロースターズ アクセスしやすい立地にあるこのカフェは、ドレスデン ノイシュタット駅で旅を終える旅行者にとって最適な停留所です。

サンドイッチ、ビール、ワイン、創作ケーキなど多彩なメニューがあり、常連客ですぐに満席になります。屋内のカフェは素敵な雰囲気を醸し出しており、通り沿いの席では通行人を手招きしています。つる植物とカラフルなテーブルで飾られた緑豊かな庭園の座席が、その魅力をさらに高めています。

ドレスデン カフェ オズワルド ニキータ ソルベルグ店内

年中無休のカフェ オズワルツは先着順で営業しており、多くのフレンドリーな人々ですぐにスペースが埋まってしまうこともあります。 Café Oswaldz は、おいしいパイ、季節のサンドイッチ、独創的なケーキで有名です

インド出身のヴィニース・スレンドラナート氏は、カイ・レッシグ氏とペトラ・ヴァン・デ・ロー氏とともに2013年XNUMX月にこのカフェを共同設立した。彼らの目標は、居心地の良い空間を作り出すことであり、長年にわたり、それはドレスデンの日常生活の愛される一部となってきました。このカフェは小さなギャラリーとしても機能しており、地元のアーティストやドレスデン大学の学生による作品が展示されています。

カフェ・オズワルツの場所は、 バウツナー通り9, 01099 ドレスデン。 彼らの訪問 公式ウェブサイト それに続く Instagram.

ドレスデン・カワの外観 ニキータ・ソルベルグ

カワ エスプレッソバー

カワ エスプレッソバーは、活気のある 2019 つの場所にあり、カラフルな美学と家族向けの雰囲気が際立っています。 XNUMX つはノイシュタットのビショフ広場近くの独立した店舗ですが、もう XNUMX 店舗はノイシュタットのアルバート広場近くのビーガン レストラン DerDickeSchmidt と提携しています。大きなアクリル文字で飾られたカフェの陽気な装飾は、明るく魅力的な環境への取り組みを反映しています。 Kawa は、ライプツィヒでグラフィック デザインを学び、その後ドレスデンにコーヒーへの情熱をもたらした創設者 Schadi Kor Ali によって XNUMX 年に設立されました。

カワが自信を持ってご奉仕します 旅客用コーヒー ベルリンから。このコーヒーはマイルドで滑らか、ナッツのような風味で知られており、シャディはこの味をドレスデンにもたらしたかったのです。 Kawa の際立った特徴の 1 つは、その多彩なメニューです。そのメニューには、水出しビールなどの季節の人気メニュー、ワイン、ビール、そして有名なキャロット ケーキなどの定番を含むおいしいケーキが含まれます。ビショフスプラッツの店舗には、広々としたエネルギッシュな屋外座席エリアがあり、人気のスポットとなっています。

ドレスデン・カワ・インサイド・ニキータ・ソルベルグ

年中無休で営業している Kawa は、コーヒー愛好家だけでなく家族連れにも、温かく居心地の良い空間を楽しんでいただけます。高品質のコーヒーと活気のある雰囲気へのこだわりにより、この店は傑出した目的地となり、ドレスデンのスペシャルティ コーヒー シーンへの主な貢献となっています。

Kawa Espressobar の場所は次のとおりです。 Hechtstraße 7, 01097 ドレスデン。 彼らをフォローしてください Instagram.

ニキータ・ソルベルグはライプツィヒを拠点とするコーヒー専門家兼フリージャーナリストです。 続きを読む Sprudge のニキータ・ソルベルグ.

本の新しいコーヒールールを宣伝するバナー